• selenewindo

練習報告(2019/9/16)

こんにちは。

最近、テンポ72で4分の4、9小節連続脅威のロングトーン

今は亡き 本田美奈子さん「つばさ」の歌に驚きはまっています。

いや~ロングトーン後も安定感は崩れないところがすごいと思いましたね。

是非皆さんも動画で検索してみてくださいね。

どうしたら続くのか、本当に天才的な歌手だったと思います。



さて、今日のセレーネは、演奏会後のお休みを経て、演奏会後、初の練習日。

本番までは、毎週練習を重ねてきたので、みんなの中にちょっとお久しぶり感が漂ってました。


そして私は、約5ヶ月休団していたのですが、本日、楽団練習に復帰しました!

久しぶりの練習に参加したのですが、すべての練習が新鮮で、楽しくて仕方ありませんでした。


基礎練習のコールユーブンゲンの音程練習はとっても難しかったです。

コールユーブンゲンは、声楽を勉強をしていく上で、

コンコーネとともに、有名な音楽教材です。


なぜセレーネではコールユーブンゲンを採用しているかというと、音程のイメージ安定のためです。


声楽を勉強してきた自分にとって、勉強させられた瞬間だったと思います。

ハーモニーディレクターは、最初と最後しか出してくれないため、

ドから下のラまでいって、また上の音程のドに戻ってきたときに、

重力に負けてしまったのか、元の音程に戻らないで安定しなかったんですよね。


歌をうたうように、楽曲も丁寧に!

完全五度や長三度音程を取ろうと思ったら、

その間に、階段を作ってあげたらイメージができるので、

音の階段がしっかりイメージできて演奏できるように

丁寧に演奏していきたいなぁと思えるようになりました。



11月3日(日)日本丸に向けて、曲合奏を行いました。

練習していくのも、とっても楽しみですし、

演奏経験が違っても、同じ空間で表現する以上、

ともに、一体感をイメージしながら、演奏に励んでいきたいと思っています。

10月のカナデさんとの合同演奏も楽しみです。


毎度毎度この記事をご覧いただいているみなさん

見てくださりありがとうございます。


是非、楽器経験を生かして

私たちと一緒に充実した吹奏楽のサウンドを体験してみませんか?


まずは一度、ぜひ見学にいらしてください!

団員一同、あなたのご参加を、心よりお待ちしています。


27回の閲覧